液、粘体小袋自動充填包装機

Levage(レバッジ)LM0101

 本機は、液体、粘体の小袋自動充填包装(三方シール・四方シール)において「レバッジ機構」により、実シール圧力(押し圧)の数値制御(モニタリング)を行えるのが特徴です。
既存のシール「圧力」の調整機構として「ねじ押し機構」や「エア押し機構」があげられます。これらのシール「圧力」設定は「押している量」「押している圧力」すなわち入力値であり「2次的な数値管理」と言えます。このため、経時的なシール「圧力」の変化にはオペレーターによる監視が必要になります。シール「圧力」が不安定になれば、その都度オペレーターによる調整が必要になります。調整はオペレーターの技量に左右され、チョコ停などによる生産の滞留や、製品(製袋)のバラツキが生じます。
 これに対し、本機の「レバッジ機構」は、ロードセルにより「実際の押圧値」を、より製品(製袋)の近くで計測しているので「実効的な数値管理」が可能となり、フィードバック制御と合わせる事で継時的なシール圧力の変化にも自動で追従し、微調整を行います。オペレーターの技量に左右されずとも、安定したシール「圧力」を維持し、安定した製品(製袋)と、安定した生産計画を実行できます。
 また、実際の押圧値はもちろんの事、その他の包装データーもファイル出力が可能となり、トレサビリティに貢献いたします。

標準仕様はこちらから

Levageの大きな効果はこちらから

Levageを映像でご紹介



Levage 運転動画

 

標準仕様

充填物 液体、粘体物
ピッチ可変範囲 a.100~200㎜(2つ割:定ピッチ142.9㎜)
b. 80~150㎜(3つ割:定ピッチ95.3㎜)
c. 55~100㎜(4つ割:定ピッチ71.5㎜)
d. 45~80㎜(5つ割:定ピッチ57.2㎜)
e. 40~60㎜(6つ割:定ピッチ47.6㎜)
f. 35~45㎜(8つ割:定ピッチ35.3㎜)
※横シール幅によりピッチ可変範囲が異なる場合があります。
 (フラットシール16㎜(横シール・有効幅)が標準になります。)
※ピッチ可変範囲外でも能力を落とせば運転可能な場合があります。
最大包装スピード 20m/分
最大機械能力 300包/分
※包装能力はフィルムの材質、充填物の物性等により異なります。
製袋幅 25~130mm
※120~130mmは4方シールとなります。
原反最大径 φ400mm
充填方法 連続、間欠
充填容量 ※ポンプの選択により異なります。
※充填容量の計量範囲は、横ロールの割数により異なります。
包装形態 3方/4方シール袋
本体設置寸法 幅1120mm×奥行1120mm×高さ2163mm
機械重量 約700Kg
電気仕様(合計) 3相200V 8.5kw(オプション:冷ロールヒータ、ミシンカッター装置有り)
選択可能オプション ・ノッチ装置 ・平カッター装置 ・冷ロールヒータ ・ミシンカッター装置 ・充填ポンプ ・サニタリー配管 ・刻印 ・印字プリンタ ・製袋形状変更(ビン口) ・排出装置(振分、ダンパー等) ・コンプレッサ
※その他オプションに関してもご相談ください。

Levageの大きな効果


※ご不明点、ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは こちら まで

2018年09月19日