20年前・・・

釣りファンの皆様、どうも管理人です。
今回は「便利な世の中」になったお話しです。
先日、自宅の書棚で探し物をしていたら、なんとも懐かしい物が出てきました。
「新聞切り抜きのスクラップブック」!! いや~懐かしい!20年ものです!


つり新聞「週刊 ルアー&フライニュース」!!(現在は廃刊)
当時、シーバスの情報を得るため通勤時、駅のKIOSK(キヨスク)で毎週購入してシーバスの記事だけ切り取りスクラップブックにしていた。しかしながら新聞記事を参考に出掛けても、釣果は上がらなかった。それもそのはず新聞が発刊される記事はちょっと前の釣行記、同じ場所で同じ様な釣りをしても時期的なズレが生じている。また記事と同じ様な釣りをしているつもりだが、なんせ活字からイメージして「こんな感じかな?」と釣りしているので、それが正解なのか?がわからず釣りしていた。
今では、アングラー各々が釣行記はもちろん画像・動画をインターネットで配信でき、それをいつでもどこでもだれでも見ることができるので、釣り場でスマホを取り出し確認(正解を)しながら釣りができる。また、SNS等を利用してアングラー同士が簡単につながれる世の中になっている。なんて便利な世の中になったんでしょ。
20年前、新聞を切り抜きしながら「今度ここ行こう」「今度試してみよう」とニヤニヤしていた頃の自分には、今の釣り環境(情報)は、まったく想像出来なかった。
そういえば、我が家にパソコンが来た時インターネットで真っ先に検索したのはシーバスの情報(釣行記)だったのを思い出した…
最後まで読んでいただいた皆様、ありがとうございます。
まだまだ寒~いですが、寒さ、睡魔(最近、家のソファで寝落ちする事が多い…)に負けずに釣り行きま~す。次回の釣行記もお楽しみに!

2019年02月06日